TAKEFU 竹布 ボディタオル ノーマル 1枚 開封後返品不可商品 ナファ ナファ生活研究所 抗菌 オーガニック 敏感肌 新作続 無農薬 タケフ アトピー 竹繊維 たけふ 営業 天然繊維 肌にやさしい

【TAKEFU】【竹布】ボディタオル TAKEFU 竹布 ボディタオル ノーマル 1枚(開封後返品不可商品)ナファ ナファ生活研究所 抗菌 敏感肌 アトピー 無農薬 オーガニック 肌にやさしい 天然繊維 竹繊維 たけふ タケフ

550円 【TAKEFU】【竹布】ボディタオル TAKEFU 竹布 ボディタオル ノーマル 1枚(開封後返品不可商品)ナファ ナファ生活研究所 抗菌 敏感肌 アトピー 無農薬 オーガニック 肌にやさしい 天然繊維 竹繊維 たけふ タケフ 日用品雑貨・文房具・手芸 バス用品 ボディタオル 550円 【TAKEFU】【竹布】ボディタオル TAKEFU 竹布 ボディタオル ノーマル 1枚(開封後返品不可商品)ナファ ナファ生活研究所 抗菌 敏感肌 アトピー 無農薬 オーガニック 肌にやさしい 天然繊維 竹繊維 たけふ タケフ 日用品雑貨・文房具・手芸 バス用品 ボディタオル /galvanical2348391.html,敏感肌,肌にやさしい,ナファ生活研究所,オーガニック,TAKEFU,アトピー,無農薬,たけふ,artteam-it.pro,竹布,ボディタオル,タケフ,550円,天然繊維,竹繊維,1枚(開封後返品不可商品)ナファ,ノーマル,抗菌,【TAKEFU】【竹布】ボディタオル,日用品雑貨・文房具・手芸 , バス用品 , ボディタオル /galvanical2348391.html,敏感肌,肌にやさしい,ナファ生活研究所,オーガニック,TAKEFU,アトピー,無農薬,たけふ,artteam-it.pro,竹布,ボディタオル,タケフ,550円,天然繊維,竹繊維,1枚(開封後返品不可商品)ナファ,ノーマル,抗菌,【TAKEFU】【竹布】ボディタオル,日用品雑貨・文房具・手芸 , バス用品 , ボディタオル TAKEFU 竹布 ボディタオル ノーマル 1枚 開封後返品不可商品 ナファ ナファ生活研究所 抗菌 オーガニック 敏感肌 無農薬 タケフ アトピー 竹繊維 たけふ 営業 天然繊維 肌にやさしい TAKEFU 竹布 ボディタオル ノーマル 1枚 開封後返品不可商品 ナファ ナファ生活研究所 抗菌 オーガニック 敏感肌 無農薬 タケフ アトピー 竹繊維 たけふ 営業 天然繊維 肌にやさしい

550円

【TAKEFU】【竹布】ボディタオル TAKEFU 竹布 ボディタオル ノーマル 1枚(開封後返品不可商品)ナファ ナファ生活研究所 抗菌 敏感肌 アトピー 無農薬 オーガニック 肌にやさしい 天然繊維 竹繊維 たけふ タケフ













TAKEFU 竹布 ボディタオル ノーマル
一日の終わりの癒しのバスタイム。
竹布には2種類のボディタオルがありますが、私はボディタオル ノーマル派。

背中を洗う時が一番気持ちよくて、タオルをいっぱいに広げて端をもって、みぎ、ひだり、みぎ、ひだり。
背中が喜んで、疲れがどこかに飛んでいきます#127925;

竹布製品の第一号はこのボディタオル ノーマル。
歴史ある心地よさです。

しっとりなめらかな肌触りのボディタオルです。
とても衛生的なので、赤ちゃんが口にしても安心!
水分をよく吸収し、嫌なニオイも気になりません。

メッシュの生地感がなんとなくオシャレ。
お風呂だけでなく、山に登る時はいつもこのボディタオルノーマルと一緒ですよと嬉しいお言葉もいただいています。
薄くてもしっかりした生地感、汗の吸収もよく乾きも早く。

もちろんボディタオルの本来の役割、洗い心地も気持ちいいんですよ。


商品名:TAKEFU ボディタオル(ノーマル)
竹布の抗菌性の発見につながった、2001年発売の竹布第一号商品です。
材質レーヨン100%(原料に竹を使用)
サイズ40cm×95cm

※レーヨンは一般的に木から作られる繊維です。TAKEFUもレーヨンと同じ再生セルロース繊維ですので分類上レーヨンと表示しますが、TAKEFUの場合のレーヨンは竹繊維を意味します。

ギフト対応ラッピング対応 のし対応 メッセージカード



【必ずご確認ください】

●お洗濯

・TAKEFUは大変デリケートな繊維です。
・お洗濯の際は洗濯表示をご確認いただき、洗濯機をご利用の際は、必ず洗濯ネットに入れ、  弱水で洗って下さい。
・洗剤は、アルカリ度の高くないものをお使いください。液体石けんをおすすめします。
・漂白剤、蛍光増白剤入りの洗剤及び柔軟剤のご使用はお避けください。
・乾燥器のご使用はお避けください。縮みの原因になります。
・ドライクリーニングはお避けください。
・干す際は、特に夏場の直射日光は避け、風通しの良い日陰干しをおすすめします。

●ご注意

・サイズの寸法は、あくまでも目安として、ご利用ください。
・TAKEFUは、吸水性にすぐれているため、寸法変化の大きい繊維です。
 縮尺を考慮したサイズ出しをしております。
・TAKEFUは、糸が滑りやすく、目寄れがおこりやすい性質がありますが、  品質不良ではございません。
・TAKEFU製品は、人と環境に配慮された安全性の高い染料を使用しています。
・塩素漂白をしていないのでロットごとに多少色が異なるほか、糸作りの段階で入る綿かすや僅かな汚れなどが付着している場合があります。あらかじめご了承ください。
・イメージ写真の色は実際の商品の色と若干異なります。
・製品の仕様は、製品向上のため予告なく変更されることがございます。



【TAKEFU(竹布)の特徴】

【TAKEFU】【竹布】ボディタオル TAKEFU 竹布 ボディタオル ノーマル 1枚(開封後返品不可商品)ナファ ナファ生活研究所 抗菌 敏感肌 アトピー 無農薬 オーガニック 肌にやさしい 天然繊維 竹繊維 たけふ タケフ

小田急の全線で運転され、優等列車の間を逃げるように走っている各駅停車。以前は新宿から小田原、片瀬江ノ島までを走るような列車が設定されていましたが、各駅停車の長編成化が進んだことで現在は見られなくなりました。その一方で、複々線化が完了した現代において、新宿 ... もっと読む
近年は10両ばかりだった小田急の急行ですが、2022年3月12日のダイヤ変更で6両の列車が多く設定され、再び頻繁に見かけるようになりました。一部の時間帯では細々と6両の急行が残っていたものの、日中にこれだけ多くの本数が走るのは久し振りのことであり、昔に戻ってしまった ... もっと読む
小田原線の新百合ヶ丘から分岐し、唐木田までを結んでいる小田急の多摩線。丘陵地帯を走るため、多摩線内には勾配が多くあることが特徴です。そんな多摩線ですが、各駅の標高はどれぐらいなのでしょうか。国土地理院で公開されている情報を元に調べてみました。丘陵地帯を走 ... もっと読む
1983年に営業運転を開始した小田急8000形。小田急8000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。8057Fの概要1985年度の開始早々に登場した4両の2次車です。基本的な仕様は1次車と同様で、連結器にCSD 86を採用した最後の4両となりました。8000形として ... もっと読む
リニューアルと廃車が同時に進められたことで、残る未更新車が僅かとなった小田急1000形。ワイドドア車も含めると、最盛期は196両が在籍していた1000形は、一つの区切りを迎えつつあるのかもしれません。2022年3月12日に行われたダイヤの変更後も、1000形の未更新車は元気に ... ラック/コレクション/ボックス/ジュエリー/CD/DVD/オシャレ/カッコイイ コレクションラック【ルーク】深型ロータイプ 【ラック/コレクション/ボックス/ジュエリー/CD/DVD/オシャレ/カッコイイ】【代引不可】
急行以上の優等列車は停車しないものの、待避線のある2面4線のホームを備えている小田急の相武台前駅。駅の南側には留置線が備えられており、夜になると営業を終えた車両が集まってきます。写真からも分かるとおり、相武台前には沢山の留置線がありますが、それはなぜなので ... もっと読む
1983年に営業運転を開始した小田急8000形。小田急8000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。8261Fの概要6両の4次車として、1985年の初めに登場した編成です。当時の小田急は2200系列の置き換えが終了し、2400形の廃車と4000形の高性能化が始まろう ... もっと読む
日中は急行の運転がなくなり、運行本数が1時間に6本となってしまった小田急の多摩線。多摩急行が登場する前と同じ水準になってしまいましたが、新百合ヶ丘を境に種別が変わる列車があることや、10両が走るというような違いもあります。ダイヤ変更の前と後で、多摩線の利便性 ... もっと読む
登場してから現在まで、8両で各駅停車を中心に使われている小田急の2000形。小田急の車両としては地味な存在ですが、将来的な10両化や、東京メトロの千代田線に乗り入れることを考慮していたというエピソードもあります。結局は8両のまま使われ続けることになった2000形です ... もっと読む
減便を伴うダイヤの変更が2022年3月12日に行われた小田急ですが、新しいダイヤにも徐々に慣れてきた頃ではないでしょうか。色々と寂しい変更が多かったものの、徐々に興味深い変更も一部にはあったことが分かってきました。その中の一つに、JR東日本のE233系2000番台が、多摩 ... もっと読む

↑このページのトップヘ